第1640回(本年度2回)2019年7月9日(火)

▼会長挨拶 村﨑 雅彦 会長
皆様こんにちは、本年度第1 回例会が無事に終わり、第2回目の例会となりました。
今回の話のテーマは皆様もご存じの4 つのテストについてお話をさせて頂きます。創案は七つのテストから始まったこの四つのテストの創案者であるハーバート J. テーラー(ハーブ)は、やり手で卓越したセールスマンであり、人の上に立つ人物でした。1919年にグロリア・フォーブリックさんと結婚し、米国オクラホマ州に新居を構えたハーブは、同地でシンクレア石油会社に勤務し、彼は1年後に同社を退社し、保険・不動産・石油リース仲介業を始めました。

1925 年にイリノイ州に戻り、シカゴのジュエル・ティー社に入社、シカゴロータリークラブの会員となり1932 年、ジュエル・ティー社の次期社長候補であったハーブは、破産寸前状態にあったシカゴのクラブ・アルミニウム社の再建を依頼され、調理器具メーカーの同社は、総資産額を40万ドル上回る負債を抱え、倒産の瀬戸際にあったこの難事業を引き受け、危機にひんした同社に自らの運命を託した彼は、ジュエル社を辞め、これまでの給与の8割減という収入でクラブ・アルミニウム社の社長に就任。運営資金に充てるため、自己資金6,100ドルを同社に投資したのです。

同社を建て直しするための手段として、社員たちに倫理的価値観の目安となる簡潔な指針を提供すべく、最初、およそ100語からなる文章をから、7つの項目にまとめ、四つのテストは当初は、七つのテストだったのです。しかし、これでも長いと考えた彼は、それを自問形式の4項目にまとめ上げ、それが今日の四つのテストとなった由縁であります。ハーブは、ロータリーの創立50周年記念にあたる1954-55年度、RI会長に就いた時、四つのテストの著作権をRIに移譲しています。
改めて4 つのテストを見てみると

1・真実かどうか
真実は不変であり、時代を超越するものです。真実は正義なくしては存在し得ないものだと感じます。

2・みんなに公平か
顔を突き合わせてとは言わないまでも、腕を伸ばせば届くような所で、激しくやり合うビジネス手法に代わり公平さを取り入れたビジネスは、お互いの関係を良好にし、その信頼向上につながるものであり

3・好意と友情を深めるか
人は生まれながらにして、他者と協力して生きていく存在であり愛情を示すことは生来備わっている本能であり

4・みんなのためになるかどうか
この項目は、食うか食われるかを原則とする無慈悲(むじひ)な競争を排除するものであり、それに代わって建設的で創造的な競争を導入するものです。

この四つのテストの言葉は、生きた言霊の様な言葉だと思います。
人々が価値あるそれぞれの目標を追い求める際の指針として、今日の社会でも有効性を保持し、私自身も明るさにあふれた未来の展望に繋げていきたいと考えます。

又、本日は来週に迫ったガバナ-公式訪問リハ-サルです。
芳賀裕ガバナー・渡邊 英世 副幹事・齋藤純一会津分区ガバナ-補佐・佐藤 榮朗 会津分区幹事をお迎えし行う予定であります。
今日の例会は時間を延長して行いますので、皆様の御協力をお願いいたします。

▼幹事報告 鈴木 康介 幹事
1.ロータリー囲碁同好会より第18回ロータリー全国囲碁大会の案内(受)「マスコミ懇談会」開催の案内(受)
2.会津分区ガバナー補佐より会津分区負担金のお願い(受)
3.会津若松西RC・会津若松南RC・会津若松中央RC より7月の例会プログラム(受)
4.会津若松RC より週報(受)
5.猪苗代RC より年次計画書(受)

▼本日のプログラム
◎ガバナー公式訪問リハーサル

今年度はガバナー公式訪問が早いため、例会第2回目でその予行練習となりました。

本番さながらに練習いました。

クラブ協議会に向けて入念にリハーサル。写真の位置も決めて、皆さん、ガバナーがいつ来られても大丈夫ですね!

第1639回(本年度1回)2019年7月2日(火)

▼会長挨拶 村﨑 雅彦 会長
皆様こんにちは、2019-2020 年会津若松城南ロ-タリ-クラブ第35 代会長を任命頂きました、村﨑雅彦です。どうぞよろしくお願いします。
「立場が変われば見方が変わる」とあるように、振り返ってみればもう少しロ-タリ-クラブの内容を勉強していれば?と今頃になって気付きを感じています。私は入会して6年となり、クラブ会長としてもまだまだ未熟ではありますが、精一杯“ 実りある” 活動をしていきたいと思っておりますので、鈴木幹事・理事・会員の皆様・事務局小椋さんにはこの1 年間ご支援、ご鞭撻をお願いいたします。

第1 回目の挨拶として、どういった内容で話せばいいのか、MyRotaryのページを開くと水と衛生のキーワ-ドがありました、先月6月19日から23日までモンゴル(ウランバ-トル)セレンゲ県・ダルハン県にボランティア・視察等に行ってきました。ウランバ-トルの中心部は現代社会と昭和30年代が入り混じった環境の実態に世界での格差を目の当たりしました。水は基本ミネラルウオ-タ-・トイレは郊外に行くと昔のトイレでまだまだ衛生環境が整っていない現状でした。日本の環境がいかに素晴らしいのかを改めて再認識いたしました。又モンゴルの話につきましては、時期を見て報告させて頂きます。

次は「ロータリー年度」の由来についてお話をさせて頂きます。皆さんロータリー年度は、なぜ7月1日に始まるのかと、疑問に感じたことはありませんか。これは、毎年開催される国際大会に、その由縁があります。ロータリーの最初の会計年度は、第1 回大会が終了した翌日、1910年8月18日に始まりました。翌年度も同様に、国際大会の日程に合わせ、8月21日が開始となっています。シカゴで行われた1910 年大会に集まった出席者。ロータリーの最初の会計年度は大会終了の翌日に開始しとなり、さらに翌年の1912 年8 月、理事会が当時の国際ロータリークラブ連合会の会計監査を依頼した際、クラブ幹事と会計が十分な時間をもって、大会に向けた財務報告を準備し、クラブ代議員の数を決定できるよう、会計年度の最終日は6 月30 日にするのがよいとの提案を会計士から受け、執行委員会はこれに同意し、1913 年4 月の会合で、6 月30 日を会計年度の最終日と定めました。ロータリーはその後、1917 年まで、7月または8月に年次大会を開催していましたが、1916 年大会( 米国、シンシナティ)での代議員が、夏場の暑さを考慮し、大会を6 月に開催する決議案を採択しました。これにより、次の大会となるアトランタ大会は6 月17 ~21 日に開催され、「ロータリー年度」という表現は、ロータリーの運営年度を示す用語として、1913 年から使用されて、同年7 月の「ザ・ロータリアン」誌には、「終わりに近づきつつある本ロータリー年度は、クラブが容易に集結できるよう、充実したクラブ合同会合が行われた一年でした」と記されています。

今(2019 年)から114 年前、1905 年2 月23 日にロータリーは誕生しました。場所は、シカゴのダウンタウンにあったビル内の一室。それは、ユニティ・ビル711号室で、 ポール・ハリス, ガスターバス・ローア、シルベスター・シール、ハイラム・ショーレーの4 人が、ロータリー初のクラブ例会を開き、4 人のロータリー先駆者の一人、ガスターバス・ローアの事務所でした。高層ビルが立ち並ぶ今日のシカゴ・ダウンタウン。このビルはすでに取り壊され、「711 号室」として知られるこの歴史的部屋もなくなり、ビルがあったディアボーン通りを歩いても、またはシカゴ川の景観を眺めてみても、当時の面影を知ることは難しいでしょう。

しかし現在、711 号室は、ロータリー世界本部で復元され、世界本部はシカゴの北に隣接する街エバンストンにあり、ダウンタウンから電車で簡単に行くことができるそうです。私は冒頭にモンゴルの話を致しました、海外に行くのが嫌というか、飛行機に乗るのが不慣れで25年ぶりにパスポ-トを取得しました。「立場が変われば見方が変わると」同じように世界を知らなければ、己も変わる事が出来ない様な気がいたします。機会があれば、711号室も見てみたいな~・・・・    

以上、まとまりのない話でしたが、第1回目の会長あいさつとさせて頂きます。皆様本日もよろしくお願い致します。

▼幹事報告 鈴木 康介 幹事
1.ガバナー事務所よりロータリー財団セミナーの案内(受)日本のロータリー100 周年記念ピンバッジ頒布についての案内(受)
2.直前ガバナー補佐事務所よりガバナー事務所閉鎖のお知らせ(受)
3.直前ガバナー補佐よりIM収支報告書(受)
4.ガバナー補佐よりガバナー公式訪問一覧(受)
5.会津若松RC・会津坂下RC・田島RC より7月の例会プログラム(受)
6.岡崎城南RC より30周年記念誌(受)
7.会津地区薬物乱用防止指導員協議会より「ダメ、ゼッタイ。」普及運動及び募金のお願い(受)
8.暴力追放会津若松市民会議より暴力追放活動推薦者依頼についての文書(受)

▼本日のプログラム
◎会長、幹事新任挨拶
◎年間プログラム発表
◎会計予算・決算発表
◎結婚・誕生祝い

いよいよ新年度が開始!第一回例会です。
新旧会長幹事が前席に。赤城幹事は会長エレクトでもあります。

山田哲史直前会長の音頭で、新しい船出に乾杯!(ノンアルコールです)

今月の結婚・誕生祝い。おめでとうございます。

佐藤敬会計より、前年度決算と今年度予算発表です。今年度もよろしくお願いします!
他にも今日は年間スケジュール発表など、盛りだくさんの例会でした。
皆様、改めて、村﨑会長年度もよろしくお願いいたします!

第1638回(本年度46回)2019年6月25日(火)

▼会長挨拶 山田 哲史 会長
この一年間、歴史ある当クラブの会長という任に就かせていただき、精一杯がんばって参りました。しかし、月日が経つのはあまりに早く、為すべきことは思うようにできませんでした。自身の力不足を残念にも感じますが、後悔の念はございません。なぜなら、この一年間にやったことが、今の私にできた全てだからです。

行動指針として、挑戦・率先・親睦の「やまだ」の柱なるものを挙げました。この指針を忘れず、全会津中学生英語弁論大会では英語でスピーチに挑戦したり、会津分区をメイキャップ行脚したりして、会員の皆様にお伝えしました。しかし奉仕の行動が足りなかったようで、皆様を動かすまでには至らなかったように思います。バリー・ラシンRI 会長の掲げた「インスピレーション」にはなれなかったようです。
そんな中でも、各委員会の委員長、副委員長が自主的な活動をして下さっていたことをとても嬉しく感じます。戦略委員会をはじめとして、当クラブの将来に繋がっていく過程として、十分皆さんが活動をされていました。クラブの目標として挙げていた項目では目立った達成はありませんが、会員の皆様の姿を見ていると、当クラブの未来は明るいと確信しております。

私もこの一年間、本当に勉強になりました。きっとこれからも忘れないでしょう。これも皆様のご理解とご協力のおかげです。いつも前向きな赤城幹事、会員の皆様、優秀な小椋事務局、地区・分区の役員の方々、取引先の方々、社員のみんな、地域の人たち、そして妻をはじめ家族、皆様に感謝申し上げて、退任のご挨拶とさせていただきます。
本当にありがとうございました。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所よりロータリー財団へのご協力御礼(受)
2.会津地区障害者雇用連絡協議会より会津地区障害者雇用連絡協議会研修視察の案内(受)
3.暴力追放会津若松市民会議より協賛金のお願い(受)
4.会津若松中央RCより2019-2020 年度年次計画書(受)

▼本日のプログラム
○最終例会

本日はいよいよ今年度の最終例会です。山田会長、赤城幹事よりご挨拶。一年間お疲れ様でした!

木村武美出席委員長より、例会皆勤者への記念品贈呈です。素晴らしいですね。

新旧の理事役員。

だいぶ連続でやる人も多いようですが、気分も新たにがんばっていきましょう。

会長、幹事、S.A.A. の新旧交代をしました。皆さん良い笑顔です。

山田会長より、陰で支えてくれた令夫人に花束贈呈です。

事務局小椋さんからも記念品をいただき、感無量といった感じです。

赤城幹事も奥さまへの花束をいただいて嬉しそうですね。

黒澤会員より、恒例となりました、歴代会長への「書」のプレゼントです。山田会長には「月を聴く」が送られました。忙しい日々でしょうが、たまに落ち着いて休んでみてください、とのことでした。会長もとても嬉しそうでした。

村﨑エレクトの音頭で、懇親会が始まりました。親睦活動委員会の皆様、今夜もがんばってください!

特に渡部委員長と小川委員ががんばって企画してくれました、パターゴルフが今宵のメインイベントです。(以下、親睦会の様子です)

決勝戦を制したのは、湯田会員。見事優勝です!準優勝は佐藤敬会員。お二人とも弘法筆を選ばずでした。おめでとうございます!

最後まで親睦を深めて、手に手つないで。また来年度も、皆で共にがんばっていきましょう。山田会長、赤城幹事、本当に一年間お疲れ様でした!ありがとうございました!

第1637回(本年度45回)2019年6月18日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。本日のお客様は、国際ロータリー第2530地区会津分区ガバナー補佐の星冨士雄様と、同じく会津分区幹事の中野博正様です。ようこそいらっしゃいました。本日はまた後程ご挨拶いただきますので、よろしくお願いいたします。
さて、今年度の例会はあと2回となりましたが、今日はまずとても嬉しい報告があります。今年度初の新会員がご入会することとなりました。サードフィクス株式会社の長尾さんです。後ほど入会式を行いますので、よろしくお願いいたします。

ところで先週の土曜日には、会津分区新旧会長幹事会が会津若松ワシントンホテルで開かれました。旧会長幹事にとっては最後の、新会長幹事にとっては最初の会となるわけです。新会長幹事は我がクラブはもちろん、すべての方々がフレッシュでやる気に満ちていましたが、同時にこれからのクラブ運営に不安を隠せない様子でした。対してわれわれ旧会長幹事のほうは、おしなべて晴れ晴れとした笑顔で、達成感にあふれていました。この会をもって一年間お世話になった星ガバナー補佐、中野分区幹事、佐藤分区幹事といった役員の方々ともひとまずお別れとなりました。他クラブの会長幹事ともそうです。「超我の奉仕」という同じところを目指し、同じようにクラブ運営に苦心してきた皆さんには、兄弟のような感情を抱いていました。特に星ガバナー補佐にはいろいろと相談させていただき、親のように思っておりました。

この場を借りて改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。今日もぜひたっぷりとお話ください。では、今日も皆様よろしくお願い致します。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より2018-2019 年度地区大会記念誌(受)
2.ガバナーエレクト事務所よりクラブ研修リーダー会議のお知らせ(受)
3.会津分区ガバナー補佐より「世界難民の日」に関する文書(受)

▼本日のプログラム
◎ガバナー補佐訪問
◎入会式 長尾 久利 様

お客様は星ガバナー補佐と中野分区幹事です。

いらっしゃいませ!

第1回会長杯ゴルフコンペの受賞お祝いです。さすが小島会員です。

そして入会式です。長尾さんに星ガバナー補佐からロータリーバッジが付けられます。

続いて四つのテストや綱領、花束が渡されました。

長尾さん、これからも末永くよろしくお願いします!

最後に星ガバナー補佐から卓話をちょうだいしました。本当に一年間、ありがとうございました!

第1636回(本年度44回)2019年6月11日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。さて、先週は2つのロータリー活動をして参りました。まずは木曜、赤城幹事、村﨑エレクトと一緒に、猪苗代RC の例会にメイキャップをしてきました。先々週の会津坂下RC に続き今年度8クラブ目となります。目標としていた会津分区全クラブメイキャップ行脚ですが、残念ながら田島RC の例会は当クラブと同じ火曜日で、結局メイキャップができないことになってしまいました。しかし、それは不可抗力でもありますので、自分では目標を達成できたと思っております。

他クラブに行くと、様々なことに気づいて勉強になりますし、たくさんのプログラムを味わうことができます。例えば坂下RC は例会場がお寺ですが、先々週の例会は年に一度の物故会員供養例会で、私たちも一緒にご焼香して参りました。またリステル猪苗代が例会場の猪苗代RCでは、偶然にも新会員入会式に参加できて、一緒にお祝いをしてきました。

またクラブ間でお互いに理解と親睦を深めることもできます。今回のメイキャップ行脚でわかったのは、メイキャップは良いことづくめだということです。他の会ではなかなか味わえない、ロータリーの特権だと思います。ただ、一人ではなかなか訪問しづらいということもあるでしょう。ですからぜひ皆さんも、何人かで一緒にメイキャップを楽しくしていきましょう。

そして土曜は、会津若松南ローターアクトクラブの45 周年記念式典に、赤城幹事とともに出席してきました。会津若松南RC が創立3年目にして提唱したクラブで、当地区で最も歴史があります。しかし南RAC は現在5名で、なかなか運営も大変なようです。ただこれは南RAC に限ったことではなく、当地区のほとんどの社会人RAC は会員数が一桁だそうです。地区の廣澤青少年奉仕委員長も、ロータリアンの協力が不可欠だとおっしゃっていました。提唱していないクラブでも、例えば当クラブが南RAC とともに企画して奉仕活動に勤しむ、そんな形でも良いとのことでした。

ローターアクターは全世界で約25万人もいるそうです。南RAC も5名ではありますが、活発に活動をされていました。今後、そういったローターアクターと一緒に何かをする、そんな機会を考えても良いのではないかな、と思いました。

式典と懇親会は14 時で終わり、その後は赤城幹事と七日町の會津庄助蔵さん、菊地会員が運営されているお店ですね、そこでまた一杯飲んで参りました。土曜とはいえ日中から飲むのも少し罪悪感を覚えましたが、おかげさまで幸せな時を過ごせました。そういったことも、ロータリーの楽しみの一つかなと思います。それでは、今日は各委員会より一年間を総括して活動報告をしていただきます。よろしくお願い致します。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.次年度ガバナー補佐より第1回会長幹事会の案内(受)
2.会津若松西RCより6月の例会プログラム(受)
3.暴力追放会津若松市民会議事務局長より総会資料(受)
4.米山梅吉記念館より創立50周年記念式典開催の案内(受)

▼本日のプログラム
◎クラブ協議会
・今年度活動報告
・危機管理セミナー報告 渡部伸久青少年委員長

本日のプログラムはクラブ協議会で、今年度活動報告を各委員会からいただきました。

無事滞りなく一年間が過ぎました。皆様ありがとうございました!

渡部伸久青少年奉仕委員長からは、危機管理セミナー報告もいただきました。
渡部委員長、お疲れ様でした!