第1606回(本年度14回)2018年10月16日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。久し振りにここに立った気がしますが、その間も職業奉仕をはじめとする奉仕活動は皆さん行われていたと思います。私はまず、10月3日に赤城幹事と喜多方中央ロータリークラブさんにメーキャップに行って参りました。手厚い歓迎と明るい雰囲気で楽しく例会を過ごすことができました。また地元の峰の雪酒造の製造部部長さまのスピーチも非常に興味深い、酒類業の裏側を垣間見ることもできました。ぜひ皆様もメーキャップしてみてください。

そして、先週末13日土曜には、猪苗代湖水草清掃がありました。下ろし立てのロータリージャケットを身にまとった湯田社会奉仕委員長を筆頭に、赤城幹事、小池会員、菊地会員と私の5名で参加して参りました。当日は各地から、遠くは相馬から集まったロータリアンの他、パナソニックなどの大企業や福島市の高校生など、400名を超える大人数が天神浜に集結しました。用意された清掃用具も足りなくなるほどでした。大勢の参加による盛り上がった雰囲気と恵まれた天気とで気分が晴れやかになった私たちは、例年より遅くまで作業し、とても良い汗をかきました。やはり奉仕でかく汗は、爽やかなものです。

ちなみにその朝は小池会員をのぞく4人が赤城幹事の車に同乗して現場に向かったのですが、時間を30分間違えて遅刻し、小池会員をお待たせしてしまったことを除けば、完璧な奉仕活動でした。遅れた分約50分間、例年より多く作業しましたので皆様ご勘弁ください。とにかく、大河の流れも一滴の雫からと言うように、少しでも私たちの活動が猪苗代湖が綺麗になる助けとなったとしたら嬉しく思います。

その後は、ロータリアンである猪苗代のレストラン白鳥さんで昼食をとりました。とてもおいしいハンバーグをいただき、ああ奉仕のあとの食事はこの上なくおいしいなと感動しました。また奉仕をしよう!という気になります。

ただ一つだけ心残りだったのは、私の選択でした。あまり迷っては迷惑と思い無難な黒毛和牛ハンバーグにしたのですが、考えてみると以前食べたこともありますし、グラム数もだいぶ控えめでした。対して小池会員が選んだポークソテー味噌焼き2枚セットは400グラムを超え、未知の味です。ああなぜ私はポークソテー味噌焼き2枚セットを思い切って頼まなかったのだろう。挑戦することが今年度の自分の目標だったのに!と悔やんでも仕方もなく、次回はきっと頼むぞと誓いました。ただ黒毛和牛ハンバーグもかなりおいしくて、ライスを3杯おかわりしてしまいました。もちろん小池会員も3杯おかわりしたのは言うまでもありません。ところで湯田委員長は、来年の春も若松市内で社会奉仕活動をすることをお考えとのことですので、今からその後の食事が楽しみです。もちろん、奉仕の感動を味わうことが先ですが。

最近スピーチが固かったので今日は明るめにしました。奉仕活動と言っても大変なだけでなく、楽しいこともたくさんあるんだということをお知らせしたかった次第です。ぜひ来春の湯田委員長主導の社会奉仕は多くの皆様に参加していただきたいと思います。今日は青少年奉仕セミナーをはじめセミナー報告となっています。渡部委員長よろしくお願いします。また、来週はガバナー公式訪問に向けたリハーサルです。皆様ぜひご参加ください。

最後にご報告です。余市RC にお見舞い金として5万円をお送りしました。会長様からお礼のお電話をいただいております。またぜひ友好関係でお願いしますと、とても感激されておりました。それでは本日もよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より補助金管理セミナーの案内(受)
「青少年会議」開催のお知らせ(受)
「第1 回ふくしま植樹祭」への参加についての文書(受)
2.会津分区ガバナー補佐事務所より公式訪問についての連絡 (受)
3.会津若松RC より地区大会2 日目の受付係のお願い(受)週報(受)
4.暴力追放会津若松市民会議より暴力追放会津若松市民大会への参加依頼(受)
5.会津若松西RC・会津若松中央RC より10月の例会プログラム(受)

▼本日のプログラム
○セミナー報告 渡部青少年奉仕委員長
○セミナー報告 会長 幹事

青少年奉仕委員会委員長の渡部会員によるセミナー報告です。さすがしっかりした報告でした。ぜひ皆様、ライラの研修を考えていきましょう。渡部委員長ありがとうございました。

会長幹事からは「公共イメージ」「ITチーム」などのセミナー報告です。しっかりと皆さんに伝わったようです。

第1605回(本年度13回)2018年10月13日(土)

今日は移動例会。猪苗代湖水草回収作業に来ました!
山田会長、赤城幹事、湯田社会奉仕委員長、小池会員、菊地会員という少数精鋭です!

最初の写真でも端に写っていましたが、我がクラブの他に他RC や企業や学生、一般ボランティアの方々など、とてもたくさんの人が清掃していました。この日はなんと400 名!すごい!

メンバーも少しでもお役に立とうと、作業開始。

約1時間ほど、いい汗かきました!

湯田社会奉仕委員長。下ろし立てのロータリージャケット、似合います。

黙々と力仕事に励む赤城幹事の背中、素敵です。

メンバー中、誰よりも早く現場に着いていた小池会員。一挙手一投足に気迫がみなぎります。

普段なかなか職業奉仕で例会に出られない菊地会員も、奉仕の汗を惜しみません。その爽やかな笑顔、本物です。

なお撮影していた山田会長もたっぷり働き、その後のランチではおかわり2回でした。充実した一日でした。猪苗代湖が少しでも美しくなると良いですね。みなさまお疲れさまでした!

第1604回(本年度12回)2018年10月2日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。10月に入りました。催しが多いこの時期、なにかと忙しく、床屋も行く暇もない状態になっています。お見苦しくて申し訳ございません。

床屋と言えば、私の好きなことわざがあります。イギリスのものだそうです。「幸せになる方法。一日幸せになりたければ、床屋に行きなさい。一週間幸せになりたければ、馬を買いなさい。一ヶ月幸せになりたければ、結婚しなさい。一年間幸せになりたければ、家を建てなさい。そして一生幸せになりたければ、正直者になりなさい」というものだったと思います。

昔のことわざなので今と比べてズレはあるでしょうが、最後の部分は不変の考え方ではないかと思います。正直者、人徳者になれば自然と幸せになれますよ、ということですね。ロータリアンにも多くの人徳者がいらっしゃいますが、日本の代表と言えばやはり米山梅吉氏ではないでしょうか。日本ロータリーの父であり、私財を投げうって奉仕に費やした人生は死後70 年以上経った今でも語り継がれています。特に青少年奉仕に熱心だったのは米山記念奨学会の存在からも分かります。米山梅吉氏のことは皆様私以上にご存知ですし、本日のお客様である加藤義朋様が非常に詳しいところですからこれ以上は述べませんが、米山梅吉氏は奉仕を陰で行ういわゆる「陰徳」を重んじる方だったと聞きます。表に立つのを嫌ったとか。

今、ロータリーはRI をはじめとして「公共イメージ」の向上を推奨しています。どんどん奉仕活動を広くアピールしていきましょうといった具合に。こちらはいわば、そんな言葉はないかもしれませんが「陽徳」と言えるでしょう。

「陰徳」「陽徳」どちらが良いか。いや、どちらも徳なのだからどちらも良いでしょう。ただ昔から日本人は控えめで謙虚なことを大事にしてきました。日本の風土としてはやはり「陰徳」に好感が持たれるのではないでしょうか。

このあたりは、私の職業である宣伝にまつわることでして、また改めて考えてスピーチでお話したいと思います。本日は佐藤会員のスピーチです。会津若松市のいろいろなことが聞けると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.直前ガバナー事務所より地区決算報告書(受)
2.会津分区ガバナー補佐事務所よりガバナー歓迎会の案内(受)
3.会津若松RC・喜多方RC・田島RC・会津若松南RC より10月の例会プログラム(受)

▼本日のプログラム
◎結婚・誕生祝い
◎会員スピーチ 佐藤 郁雄会員
◎戦略委員会

市議会議員の立場から、会津若松市の諸問題の一部分をわかりやすく解説していただきました。その現状と課題など、大変よくわかりました。やはり例会に来るとこのようなお話が聞けるからいいですね。

村﨑エレクトは、戦略委員会として発表。当クラブ会員にアンケートをお願いしました。これを基に、計画を立てる段取りです。着々と進んでいますね。
中期・長期の戦略をみんなで立てていきましょう。

第1603回(本年度11回)2018年9月25日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんばんは。さて、随分と涼しくなってきたようですが、先週末は会津まつりが熱く繰り広げられました。

今年も昨年に続き、ロータリークラブイメージアップのため、会津若松中央ロータリークラブが先頭になって行われている、会津磐梯山踊りへの参加事業がありました。私と赤城幹事、村﨑エレクトの3名が当クラブからは参加しました。他にも福島南、喜多方、喜多方中央のロータリアンや、会津大学の留学生などが多数参加し、約50 名でロータリーの名前を宣伝してきました。

当夜はかなりの人出で、盆踊りの輪が二重三重になりました。あんなに多くの踊り手を見たのは久し振りでした。私たちは体力の都合上、その輪から途中で抜けましたが、それでも充実感は非常に感じました。その後は懇親会をし、節度ある言動のもとに、なごやかに親睦を深めました。

今回はたまたまガバナーエレクト事務所の開設祝いと日にちが重なってしまいましたが、来年はより多くのロータリアンとともに踊れることを願っています。ぜひ皆様も次回ご参加よろしくお願いいたします。

さかのぼって先週水曜は、各クラブへのメイキャップ第1回目として会津若松ロータリークラブにうかがいました。こちらもメンバーは、私と赤城幹事、村﨑エレクトでした。

私は恥ずかしながら若松クラブは初めてメイキャップしたのですが、常陽銀行の一角で、大変ビシッと締まったイメージの例会でした。やはりクラブによって様々なところが違うのだなと改めて実感しました。その日は喜多方ロータリークラブのパスト会長、鈴木朝男様のゲストスピーチで、ロータリーの友にも載っていた、被爆樹木を会津に植樹したエピソードをお話されました。大変ためになり勇気づけられるお話でした。

ところでこの日は偶然にも、昼食が通常のお弁当ではありませんでした。会津若松ロータリークラブの会員にマクドナルドを運営している方がいらっしゃるとのことで、「マック例会」と言って1年に一回ハンバーガーを食べる日だったのです。ちょうどメイキャップがその日に当たるとは、非常に幸運で貴重な体験をしたと思います。

ところでこの会津を回るメイキャップは、以前お話したように他のクラブを見て当クラブの運営の参考にしようという狙いがありますが、今すでに私の年度が始まっているところで見るのは少し遅かったと思います。その点村﨑エレクトはきっと来年度のクラブ運営に役立ててくれることと思います。
では本日も夜の例会楽しみましょう。よろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より地区大会親善ゴルフ大会追加募集の案内(受)
2.会津若松RCより公式訪問に合わせた市長表敬訪問実施の提案(受)

▼本日のプログラム
夜の例会

第1602回(本年度10回)2018年9月18日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。
先週末も青少年奉仕委員会セミナーが開催され、渡部委員長が出席されました。お疲れ様でした。続いていたセミナーもようやくひと段落のようです。今日もセミナー報告がありますが、渡部委員長にもまた後日発表よろしくお願いします。

さて今日は、会津若松市社会福祉協議会が運営する「ボランティア学園」をご紹介します。同校は「人を慈しむ、リスペクト(尊重)する心を育むとともに、ボランティア活動への関心と実践に向けた環境づくり」という目的で今年開校されました。初等課程や専門課程があり、地域のボランティアを育てていくために様々な講座や実習に1年間取り組みます。受講生は老若男女100 名を超えており、近年のボランティアへの関心の高さがうかがえます。

なぜ私がそのボランティア学園を紹介するのかというと、今月5日に講師として招かれ、お話させていただいたからです。演題は「見やすい、分かりやすい催事チラシなどの作り方を学ぶ」といったもので、市内の広告制作会社である弊社にたまたまお話がきた、というわけです。ボランティアの方々もイベントや企画を告知したり、活動を報告したりするためにチラシなどを作る機会が多いようですね。約20 名の方々、40代から70 代まで幅2時間ほど企画書やチラシの作り方のさわりをお話しました。これも職業奉仕になったかと思います。

ところで先週もボランティアというキーワードが出てきましたが、ロータリーの奉仕とどう違うのか、少し気になって考えてみました。まずボランティアの語源を調べてみると、ラテン語で自由意志の意味の「ボランタス」や、フランス語で喜びの精神の意味の「ボランティ」、英語で志願兵・また自発的の意味の「ボランティア」が挙げられるようです。日本の定義としては、自由意思で自発的に行なう社会参加活動のこと、だそうです。

 自由意志で自発的に、という部分ではRC の奉仕の精神と似ていますが、私はボランティアの性質として2つの点がRC の奉仕と大きく違うと思いました。まず一つは、ボランティアが無償の活動であることに対し、ロータリーの奉仕は必ずしも無償ではなく、特に職業奉仕はまさに有償の奉仕です。またボランティアが肉体であれ頭脳であれ「労働」であることが多いのに対し、ロータリーの奉仕は寄付や協賛など必ずしも直接労働するとは限りません。

してみるとロータリーの奉仕というものは、ボランティア活動も内包する様々な活動であるということがわかります。もちろんだからボランティアが劣っているというわけではありません。あくまで一つの形というだけで、極めればロータリーの奉仕の精神をも超えることができると思います。ただ今回、ロータリーの奉仕が広く大きな可能性を秘めていることに、改めてまた気付いた気がします。
では本日もよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より米山記念奨学生による体験発表会の案内
 北海道胆振東部地震への義援金送付について(受)
 地区大会RI 会長代理決定のお知らせ(受)

▼本日のプログラム
○戦略委員会発表 村﨑委員長
○セミナー報告 佐藤郁雄副委員長

本日のお客様は、2018-2019 年度地区大会の実行委員長である、佐瀬正行様です。同じく実行幹事の志藤弘彰様です。

ようこそいらっしゃいませ!

佐瀬実行委員長にご挨拶を頂戴しました。一緒に地区大会はがんばりましょう!

今年度新設された戦略委員会の村﨑委員長より、練りに練った案をご提示いただきました。まずはアンケートを作成し、回答してもらうようになりました。今後もよろしくお願いします!

続いて社会奉仕セミナー報告。佐藤郁雄副委員長がしっかりと要点をとらえた発表をしてくださいました。
さすがです。