第1618回(本年度26回)2019年1月22日(火)

▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆さまこんにちは。今日は雪で大変でしたね。
さて、都道府県対抗駅伝で福島県が優勝という明るいニュースがありました。東北勢として初です。チームの安西監督は「福島の人が力強く生きているとアピールすることができたと思う」と話したそうです。震災からそろそろ8年が経ちますが、まさにこの監督の言葉通り、福島県は力強く、日本の先頭に立つくらい力強く、がんばって生きて、走っているのだと思います。我々もそうありたいです。ロータリーでも、この冬もいろいろな活動がたくさんあります。

まず、来週はメイキャップがあります。1月28 日(月)に会津若松南RC へ、翌日29 日(火)には喜多方RC へ。当クラブと同じ火曜日が例会の喜多方RC には行く機会がなかなかなく、このように連日になってしまいましたが、楽しんできたいと思います。同じ29 日の夜には当クラブの新年会があります。今回も親睦活動委員会の皆様を中心に盛り上げてくれるようですので、ぜひ皆様も楽しんで親睦を深めてください。

2月の13日(水)には、会津若松市内5クラブ合同例会がワシントンホテルで行われます。ホストクラブは会津若松RC で「会津大学の国際戦略と奨学生(仮)」というテーマで、会津大学の川口准教授を講師に卓話をプログラムしているそうです。こちらも楽しみです。ちなみに私は5クラブそれぞれの会長がひと言ずつ話すことはやめましょうと言っておきましたが、聞き入れられるかどうかはわかりません。

2月26日(火)は移動例会となっております。プログラム委員会担当です。菊地委員長が忙しい中、いま企画をされていますので、詳細は追ってご連絡します。ただ平日の日中で、雪もあると思われますので、近場になると思います。

そして3月9日(土)はIM が喜多方プラザで開かれ、3月26日(火)は姉妹クラブの岡崎城南RC の30 周年記念式典があります。この他にも、同時並行で会員それぞれがクラブ奉仕や職業奉仕や社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕などに勤しんでいくことでしょう。これらロータリーの活動は時間も労力もお金もかかることですが、皆さん進んで行っているところが素晴らしいところだと思います。自分でなく人のためにがんばろう、という奉仕の精神があればこそだと思います。
雪もどんどん降るかもしれませんが、体に気をつけてがんばっていきましょう。本日もよろしくお願いします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より第39回RYLA研修会の案内(受)
2.会津分区より会津分区IM開催の案内(受)
3.余市RC・岡崎城南RCより年頭のご挨拶(受)
4.会津若松西RCより1月の例会プログラム(受)
5.喜多方RCより週報(受)

▼本日のプログラム
◎セミナー報告・戦略委員会報告 村﨑エレクト

本日のプログラムはR財団委員会のセミナー報告と、戦略委員会の発表です。どちらも村﨑エレクトがお話くださいます。
R財団委員会セミナー報告では、財団の補助金について丁寧にまとめてお話いただきました。これで来年度はバッチリですね。

戦略委員会では、事前に会員にとったアンケートを発表してくださいました。
例えば移動例会で行きたいところ。レジャー系で親睦を深めるもよし、職場訪問や街なか巡りで見聞を深めるもよし。当クラブでは後者が多数となりました。今後のプログラムに参考になることでしょう。

とても有意義な発表でした。村﨑エレクト、長時間の発表お疲れ様でした。
ありがとうございました!

第1617回(本年度25回)2019年1月15日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。年が明けてあっという間に半月が経とうとしております。この半月の正月行事で私も順調に体重を増やしてしまったわけですが、まだ後半の新年会が何本かあるので、更に肥えていかぬように節制していかなければならないと思っています。

今月は職業奉仕月間ということで、会津若松市体育協会会長・会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン実行委員会会長の大橋哲男様にお越しいただきました。職業奉仕委員会の大塚委員長にお声掛けをしてもらいました。ゲストスピーカーとして後ほどお話をいただきます。

ところでこの職業奉仕という概念はロータリークラブ独特のものだとよく聞きます。皆さんよくこの言葉はご存知だと思いますが、改めて「職業奉仕とは何か」と聞かれるとなかなかうまく答えられないのではないかと思います。私も同様ですが。

この職業奉仕というものは他の奉仕に比べて難しい概念だと言われます。国際ロータリーによれば、以下のように定義されています。「事業および専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理念を実践していくという目的を持つもの」。

やっぱりよくわかりません。これについては多くの方々によっていろいろと噛み砕いて解説や持論が展開されていますが、自分なりの解釈をするのが良いと思います。

私の解釈を少しお話します。たまに、「職業奉仕で忙しいから例会にずっと出られない」という言葉を聞くことがあります。これは少し間違った解釈なのではないかと思います。職業奉仕というのは「日々の仕事で道徳的水準を高め、奉仕を実践していくこと」であって、「例会を休んで仕事をがんばること」ではありません。つまり職業奉仕とは「自分の職業や職場のための奉仕」ではなく、「職業を通しての万人のための奉仕」だと思います。それは量ではなく、質の話なのだと私は解釈しています。だからこそ、理解も実践も難しい奉仕だと言われるのでしょう。

さてそんな職業奉仕に努めながらがんばっていきたいですが、今年も様々な大きい変化があります。まず、天皇陛下の退位と皇太子の即位、それに伴う新元号への改元です。5月1日は祝日となり、前後のGW と重なって10 連休になるということで、過去にそんなに休んだことがあったか記憶にありませんが、とにかく超連休ですので、この時の経済はどうなってしまうのか少し不安ですが、逆に好転することを期待します。次に消費税の増税です。10 月から10%に上がるということで、駆け込み需要が予想されますが、そのあとのリバウンドの冷え込みが怖いところです。政府の様々な対策に期待します。

ここ会津でも、3月にはICT オフィスの入居が開始され、数百人の移転が見込まれるという良いニュースもあります。また8月には会津若松市長選と市議選が行われ、今後の会津の将来を担う方々が選ばれます。決して景気が良いというわけでもないこの会津に、経済的に大きな特効薬のような方策はないかもしれませんが、これらのような様々な変化によって少しずつでも上向きになることを願っています。私たちも、ぜひ職業奉仕を心掛けながらがんばりましょう。では今日もよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より2012-22年度ガバナー(候補者)確定の報告(受)米山奨学生の世話クラブお引き受けの希望伺い(受)
2.ロータリー囲碁同好会より第20回RI 囲碁大会の案内 (受)
3.会津ユネスコ協会よりお礼状(受)
4.喜多方RC・会津若松中央RCより1月の例会プログラム(受)
5.会津若松RCより週報(受)

▼本日のプログラム
◎ゲストスピーチ
会津若松市体育協会会長・会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン実行委員会会長
大橋 哲男 様

職業奉仕委員会大塚委員長のご紹介で、大橋様のゲストスピーチです。

主に鶴ヶ城ハーフマラソンのことを、その誕生から経緯、功績、課題、裏話まで惜しむことなくお聞かせいただきました。

これからも皆さんの健やかな体づくりを通して、会津を元気にしてくださることでしょう。大橋様ありがとうございました!

第1616回(本年度24回)2019年1月8日(火)

▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様あけましておめでとうございます。クリスマス家族会からだいぶ日が空いたように思えます。皆さんもお変わりなく何よりです。

今年度半年、折り返し地点になりました。今日のプログラムは村﨑エレクトと鈴木次期幹事のご挨拶です。来年度に向けて、少しずつ動き始めています。対して私は会長として、半年間これと言って大きな成果を上げられていません。今日は、この半年を振り返って、あと半年に繋げようと思います。

まず私自身の方針です。「1、やってみる、挑戦する。」「2、まず隗より始めよ。」「3、誰とでも、どんどん話していく。」という「やまだ」の行動方針を挙げましたが、英語弁論大会で子供たちのために英語スピーチに挑戦したり、幹事と一緒に各クラブにメイキャップを定期的に行ったり、自分ではこの方針に従えていると思います。続いてクラブの目標です。

1、インターアクトクラブの提唱または共同提唱
12 月に坂下RC のお二方に「インターアクトのイロハ」と題してスピーチをいただきました。ただまだ具体的な動きが出来ていません。まず3月までに渡部青少年奉仕委員長と学校側へご挨拶に行き、話をしてきます。

2、今年度新設した戦略委員会による中長期戦略案始動
こちらは村﨑エレクトが先頭に立ってまずアンケートをとるという形で、しっかり進められていると思います。私もその内容を検討する形で関わっていますが、村﨑エレクトが高い意識を持って臨まれているので大丈夫だと思います。

3、各委員会の自主的な企画・行動の奨励
各委員会の委員長さんはセミナーにきちんと出席し、責務を果たされています。湯田社会奉仕委員長が新しい奉仕活動に意欲的だったりなど、皆さんそれぞれが自主性を持って臨まれていると思います。

4、例会出席率、会員維持率向上
前述のように会津分区の他クラブへ赤城幹事、村﨑エレクトとメイキャップに行っています。ぜひ皆さんも、メイキャップをしてみてください。楽しいですよ。

5、公共イメージ向上への施策
マスコミ・ミニコミ誌などと対話したかったのですが、これは後半に持ち越しです。

6、会員増強
女性会員2名を含む純増4名を目指しましたが、まだ1名も入会に至っていません。私もいろいろな方に話をしても、忙しい、時期尚早、などの回答しかいただけません。ぜひ皆さんで一丸となって、増強に努めましょう。

7、第2530地区2018-2019年度地区大会のサポート
交通・エクスカーション委員会として、オール会津で感動的な大会のお手伝いができました。

以上ですが、まだまだこれから、たくさんやることがあります。私もあと半年間一生懸命がんばっていきます。ぜひ、皆様の一層のご協力をよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より2021-22年度ガバナー選出の件に関する文書(受)地区運営等に関するアンケート(受)後期地区委員会総会の案内(受)
2.ガバナーエレクト事務所よりPETS についての案内 (受)
3.会津若松RCより市内5クラブ合同例会のご案内(受)1月の例会プログラム(受)
4.岡崎城南RCより創立30周年記念式典のご案内(受)
5.田島RC・会津若松南RCより1月の例会プログラム(受)

▼本日のプログラム
○結婚誕生祝い
○会計中間報告
○会長エレクト、次期幹事挨拶

地区大会の際に当会に送られた賞状の授与が行われました。

黒澤功会員はマルチプル・ポールハリス・フェロー第3回、小池達哉会員は第2回マルチプル米山功労者です。
おめでとうございます!

村﨑エレクトから、ご挨拶です。来年度への意気込みをひしひしと感じました。
ぜひ頑張ってください。皆で応援していきます!

(なお今回のアルバムは撮影画像を誤って消してしまったため、以前の、または取り直した画像です。申し訳ございません、気を付けます:編集者)

第1615回(本年度23回)2018年12月21日(金)

▼会長挨拶 山田 哲史 会長
メリークリスマス!ということで本日はクリスマス家族会です。親睦活動委員の方々、準備本当にお疲れ様です。私の家族も参加させていただきます。楽しみたいと思います。

さて、年末ですね。皆様お忙しいことと思います。クリスマスにいつも隠れてしまっていますが明日は冬至です。カボチャを食べるのが全国的な習わしですが、このような年中行事は年々希薄になっていると思います。私は、七草粥を食べたり、菖蒲湯に入ったりするのを、「年寄りみたい」と妻から言われたりしながらもけっこうこだわっています。明日もカボチャを食べたいところですが、忘年会がまた入っており食べられるか微妙です。

ところでこの時期は漢検協会の発表する「今年の漢字」が話題になります。広く投票によって選ばれるので、1年の世相を表す指標のひとつとなっていますが、今年は「災」が選ばれました。地震や豪雨など多くの災害が起こったことが国民の印象に深く残ったということですね。ちなみに2位は「平」、3位は「終」だったそうです。平成最後の年ということもとても印象深い出来事だったのでしょう。平成最後の「今年の漢字」が「災」だったのは残念です。

私も今年の正月は元日からインフルエンザで寝ていて三が日を過ごしましたので、まさに「災」でした。しかし悪いことは続きません。5月から新しい元号になる来年は、きっと良い年になると確信しています。また先週決まった新しい理事の方々を中心に、当クラブももっともっと良い方向に行くということも、確信しています。

全くクリスマス感のない話で恐縮でしたが、きっと親睦活動委員の方々がクリスマス感たっぷりに盛り上げてくれることでしょう。
最後に当クラブの「今年の幹事」は「災」でなくてよかったと申し上げて、挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。メリークリスマス。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1 直前ガバナー事務所より2017-2018年度地区要覧(受)
2 会津若松RCより週報 (受)
3 公益財団法人会津育英会より寄付への御礼(受)
4 会津若松市戊辰150周年記念事業実行委員会より記念誌(受)

▼本日のプログラム
○クリスマス家族会

永年在籍30 年の表彰を受けた山口廣会員。おめでとうございます!

いつも例会場をご提供いただいている会津迎賓館さんと、事務局の小椋さんに感謝の気持ちをお贈りしました。

ありがとうございます★

第1614回(本年度22回)2018年12月11日(火)

▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。今日は、次年度理事選出が行われますが、例年さほど時間がかからないようなので長めのスピーチを用意してきました。でも明るい未来の話なので楽しんでお聞きいただければ幸いです。

さて、会津にも雪が積もりはじめました。これから昼夜を問わず雪かきをしなければならない日々が来るかと思うと、少しガッカリしてしまいます。せめて道路にだけでも融雪のシステムを整備して欲しいものです。しかしいずれは、会社や家の前も融雪が施されて、「昔は人が手作業で雪をかたしていたんだよ」と小さい子たちに話す時が来るかもしれません。そんな未来は、そう遠くはないかもしれません。ところで最近も、「未来」を感じさせるニュースが多かったように思います。

まずNASA の探査機「インサイト」が火星着陸に成功しました。内部構造の調査が任務で、成功すれば地球以外の惑星で初の調査となるそうです。宇宙はどんどん身近になっているようで、いずれは、「今週末は出張で火星に行ってくる」という日が来るかもしれません。

また中国の科学者が人の遺伝情報、いわゆるゲノムを編集して双子を誕生させたと発表しました。病気を無くしたり、優秀な人間を誕生させたりすることもできるという期待があります。いずれは病院が半減するかもしれません。直近では、レジなどでQR コード決済をするサービスの一つ「PayPay」が、100 億円還元キャンペーンを開始したことも話題となっています。これらのキャッシュレス化は政府も推奨しており、いずれは重い小銭入れを持つことも無くなるかもしれません。

AI やIoT などのIT 関連の発達も含め、明るい未来が期待できるニュースが最近は目立ちます。考えるとワクワクします。しかし一方で、問題点もたくさんあります。宇宙開発には莫大な予算がかかるし、ゲノム編集には倫理的に、人間性の喪失が指摘されます。キャッシュレス化も高齢者などには難しい話ですし、サイバー犯罪の増加も心配です。AI で無くなっていく職業も多いことでしょう。明るい未来に至るまでには、そういった多くの問題を解決していく必要があると思います。

これは、ロータリーにも言えると思います。例えば先週、会津坂下RC の猪俣様と髙久様にお越しいただき、うかがったインターアクトクラブ提唱について。お二人のお話のおかげで少しはわかった気がします。きっと学生と一緒に何か活動ができたら楽しいだろうなという未来も思い描いたりしました。ただもし提唱するとしても、様々な問題を解決していかなければなりません。私の年度では難しいかもしれません。でも、宇宙にも会津にもロータリーにも、まずは明るい未来を想像することが大事だと思います。

今日選ばれる次年度理事の方々を始めとして、これからも奉仕の精神の元、我が会津若松城南ロータリークラブが繁栄する明るい未来を想像してやみません。そして私もそのためにできることを努力して参りますので、今後とも皆様のご協力をお願いいたします。
以上でご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1 会津若松RC より地区大会反省会開催の案内(受)地区大会記念事業の実施についての文書(受)
2 岡崎城南RCより柿の御礼(受)
3 公益財団法人会津育英会より育英会資金へのご協力のお願い(受)
4 会津若松西RC より12月の例会プログラム(受)
5 公益財団法人会津青年会議所より新年会の案内(受)

▼本日のプログラム
◎年次総会・次年度理事選挙

次年度理事選挙が行われました。

だいぶ票が割れて、デッドヒートのような展開になりましたが、無事次年度の理事が出揃いました。村﨑エレクトのもと、がんばってください。