第1594回(本年度2回)2018年7月10日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。
先週から続く、「平成30 年7月豪雨」と名付けられた西日本の豪雨災害ですが、120 人以上もの人々が亡くなり、平成最悪の集中豪雨となってしまいました。15 地点で1000 ミリを超える雨がわずか10 日あまりで降ったそうです。7 月1 ヶ月間の平均雨量が200 ~ 300 ミリ程度というところからも、どれだけ降ったかその凄さがわかります。

今もなお数多くの行方不明者がいます。当クラブでも縁のある方もたくさんいらっしゃると思います。本当に心が痛みます。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、不明の方々を含め皆様のご無事をお祈り申し上げます。

先月の「大阪府北部地震」や、昨年7 月の九州北部豪雨など、大きな天災が最近目立つように思えます。このような天災に遭った多くの方々が、今もなお避難生活を続けています。それまでの日常がいきなり崩れ去り、思いもよらなかった日々を送っているのです。凄まじい自然の力に対し、人間は無力で惨めです。

しかし、その無力な私たちができることもあります。それは、思いやりです。自分の思いを相手の心に遣る、つまり共感することが思いやりです。私たちは、隣の人であっても、遠く離れた地の被害に遭っている人であっても、共感し、何かしてあげたいと思います。それが人間の誇れるところだと思います。

さらに私たち福島に住む者は、東日本大震災、福島第一原発事故によって、災害に遭った方への思いやりが強いのではないでしょうか。そして、私たちはロータリアンです。もうすぐポリオを撲滅することができるのと同じように、日本のみならず世界中に様々な奉仕・支援ができます。それはロータリーが世界中にあり、皆が奉仕の理想を掲げているからです。

今回の西日本の豪雨でも、多くのロータリアンが被害にあい、また一方で多くのロータリアンが支援をしていることでしょう。当クラブでも募金箱を作るなど皆様の支援の手助けはするつもりですが、ロータリアンは「I serve」、つまり誰かに言われてではなく自分で奉仕をします。私たち一人一人が、相手を思いやり、自分に何ができるか考え、奉仕を実行することが大事だと思います。それは災害時のみならず、日常でも言えることです。

ただ、いつもそのように奉仕し続けることは、なかなか難しいものです。それは、時間の余裕や資金力や能力などが不足してしまうからです。しかし、常に、「奉仕の理想」というものを掲げていきましょう。そうすればきっといつか、素晴らしい結果が生まれると思います。

ところで、この「会長スピーチ」は、ロータリーのことを話すものだ、ということを聞きました。何かでそのように決まっているのかどうかはわかりませんが、話題が決まっていると気が楽になります。ただ逆に言うと、ロータリーのことをよく知っていなければ話が全然できないということです。私も会長になり、ロータリーについての自分の知識の浅さを改めて知りました。

来週は星ガバナー補佐の公式訪問ですし、そこに照準を合わせて改めてロータリーについて勉強して、知識をひけらかそうと思います。ですから皆様、ぜひ来週もご出席ください!
以上で会長あいさつを終わります。本日もよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1. 2017-2018年度職業奉仕委員会より職業奉仕委員会活動報告書小冊子(受)
2. 岡崎城南RCより年次計画書(受)
3. 喜多方RC ・会津若松西RC ・会津若松中央RC より7月の例会プログラム(受)
4. 会津若松RCより週報(受)

▼本日のプログラム
◎会計決算・予算報告 会計  佐藤 敬 会員
◎クラブ協議会 5大奉仕委員会・各委員会の計画発表

会計報告。無事決算も予算も了承されました。日中はお仕事が忙しいという佐藤敬会員。
無理言って昼に来ていただきました。昨年度に続いて今年も会計よろしくお願いします!

最後に今年度国際奉仕地区委員の小川会員より、エクアドルとの交流花火プロジェクトのご協力を呼びかけていただきました。休む間もなく奉仕活動、本当にお疲れ様です!

第1593回(本年度1回)2018年7月3日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。いよいよ、この日がやって参りました。改めて、この度、会津若松城南ロータリークラブ2018-2019 年度会長を拝命した、山田哲史です。歴史ある当クラブの会長となるにあたり、この上ない喜びと光栄に打ち震えております。

そしてこの数ヶ月その準備をするにつれ、歴代会長の皆様のご苦労の一端がわかりました。頭が下がるとともに、そこに名を連ねるにあたり相応しい会長になるよう努力していこうと、身の引き締まる思いでおります。会長としての指針やクラブの目標については、後ほどプログラム内でお時間をいただいてお話ししますので、よろしくお願いいたします。

さて、第一回目のご挨拶は何を話そうか、とても迷いましたので、参考にしようと思い昨年の小川会長のご挨拶を紐解きました。するとちょうど7 月4 日だったので、アメリカ独立宣言のお話をされていました。「この日はロータリーにとっても、広い意味での記念日と言えるかもしれません」という独自の論にまで発展させた素晴らしいアカデミックなスピーチでした。知識不足の私にはとても高度過ぎて残念ながら参考にできませんでしたが、改めて小川直前会長の凄さがわかりました。

そこで、いま一番メディアを賑わせているFIFA ワールドカップのお話をさせていただきます。私も学生時代サッカーを10 年以上やっていましたので、この時期は毎日のようにスーパープレイが観られて嬉しい限りです。さて日本代表ですが、今日の未明にベルギー代表とトーナメント一回戦を戦い、残念ながら敗北したことは皆様もご承知かと思います。私も午前3時からの試合が観たかったのですが、今日の挨拶で呂律が回らなくなるかと思い、朝のニュースで結果を知りました。

しかしそれより今回私の心に残ったのは、その前のリーグ最終戦で物議を醸した、試合直前の「時間稼ぎ」です。0 対1 で負けていたにも関わらず、他会場で行われていた試合の経過を踏まえ、試合終了残り10 分ほどをボール回しでしのいだというものです。結果的にトーナメントに進出できたものの、最後までゴールに向かうべきではないか、卑怯だ、という批判が非常に多く、後味の悪い試合となってしまいました。

批判されながら無様でも不本意でも勝ち上がることが大事か、例え敗れても力いっぱい潔くぶつかることが大事か。これについては皆様も賛否両論でしょうし、私も答えがあるとは思いません。ただ重要なのは、何を目標に据えるかということだと思います。日本代表の西野監督や選手たちは勝ち上がることだけを目標にしたため、時間稼ぎをしました。これが例えば「力いっぱい戦うことの素晴らしさをみんなに伝える」という目標であれば、最後までゴールを目指したでしょう。

これは、ロータリーにも同じことが言えると思います。私たちは何のために例会を開き、何を目標として活動するのか。それがしっかりと掲げられていなければ、手段や過程に迷いが生じます。逆に掲げることができていれば、なにがあろうと胸を張って行動できます。
ですから今月から言わば、西野監督のような立場になる私が、四つのテストや綱領を踏まえながら、RI・地区・分区・クラブの目標をしっかり掲げることがとても重要なことだと思っています。もしそれが今後ぶれた時は、遠慮なくご叱責いただければ幸いです。

先ほど申し上げた通り、後ほどその目標についてお話させていただきますのでよろしくお願いします。以上、ご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.直前ガバナー事務所よりガバナー事務所閉鎖並びに直前ガバナー事務所開設野お知らせ(受)
2.田島RC、会津若松南RCより7月の例会プログラム(受)
3.会津若松地区薬物乱用防止指導員協議会より「ダメ。ゼッタイ。」普及運動および募金のお願い(受)
4.暴力追放会津若松市民会議より暴力追放活動功労者の推薦についての依頼(受)

▼本日のプログラム
◎会長幹事新任挨拶 山田会長、赤城幹事
◎結婚誕生祝い

新年度を祝って、直前会長の小川洋正会員が乾杯の音頭(ノンアルです)。
ありがとうございます!

結婚誕生祝いです。おめでとうございます。

山田会長の新任挨拶。緊張しつつもクラブの目標をきちんと示してくださいました。
1年間よろしくお願いします!

赤城幹事も堂々と、そしてにこやかに初心の発表。
いつも明るい雰囲気づくり、ありがとうございます。
これから1年間、奉仕の精神で皆さんがんばりましょう。よろしくお願いします!

第1592回(本年度47回)2018年6月26日(火)


▼会長挨拶 小川 洋正 会長
皆様、こんばんは。
それでは、本日のお客様をご紹介いたします。本日のお客様は、福島ロータリークラブ・加藤義朋先生です。加藤先生いらっしゃいませ、そしていつもありがとうございます。今夜は、会津若松城南ロータリークラブの最終例会をごゆっくり楽しんでください。

2017 ~ 18 年度国際ロータリー会長イアンH.S. ライズリー氏は今年度のテーマを「ロータリー:変化をもたらす」と掲げられ、第2530 地区ガバナー鈴木邦典氏は、2017 ~ 18 年度の地区目標をRIが掲げる3 つの重点目標の中から、地区の最重点目標として、対外的に「公共イメージ向上」のキャンペーンを第2530 地区が一つのチームとして取り組みたい、とその方針を示されました。

国際ロータリー会長イアンH.S. ライズリー氏が掲げたテーマ及び第2530 地区ガバナー鈴木邦典氏の最重点目標を念頭に置きつつ、会津若松城南ロータリークラブの2017 ~ 18 年度のテーマを「会員維持・増強の目標達成とクラブ継続事業の実施」とし活動させて頂きましたが、残念ながら会員増強の目標を達成することが出来ず、自分自身の力不足と責任を痛感しており、会員の皆様に深くお詫び申し上げます。

一方クラブ継続事業につきましては、今後も継続する事業と一定の成果をあげて一区切りをつけた事業と、それぞれ実施することができたと思います。その中で特に印象深かった事を二つ上げさせて頂きますと、一つは当クラブが中心となり、過去12 年に渡り草刈りなどの作業を行い育成管理してきた滝沢の山桜が、薄桃色の大変綺麗な、そして見事な花を咲かせるまでに成長した事を確認できた事です。そしてもう一つは、県立会津学鳳中・高校への図書寄贈と併せて実施したAED トレーナー講習会です。学校の講堂に約270 人の生徒が集まり、消防署員の話に真剣に耳を傾けて講習を受けていた光景を目にしたときは、本当にこの事業をやって良かったと感じました。

この一年間、会長として至らないことが多々有り、会員の皆様にご迷惑をおかけしましたが、村﨑幹事をはじめ理事役員の皆様、ならびに会員の皆様と事務局の小椋さんに支えられ一年間活動させて頂きました。この場で改めてご協力・ご支援頂いた皆様に感謝と御礼申し上げますとともに、次年度会長の山田さんと次年度幹事の赤城さんへの、より一層のご協力・ご支援をお願い申し上げ、私の最後の会長挨拶とさせて頂きます。一年間、温かいご協力とご支援本当にありがとうございました。

▼幹事報告 村﨑 雅彦 幹事
1.ガバナー事務所より 佐原パストガバナー「RI超我の奉仕賞」祝賀会ご臨席のお礼(受)
2.ガバナーエレクト事務所より地区委員任命状と地区名簿  (受)
3.次期ガバナー補佐事務所より第1回ガバナー補佐訪問の案内(受)
4.会津若松RC より7月の例会プログラム(受)
5.会津地区障害者雇用連絡協議会より研修視察についての案内(受)

▼本日のプログラム
◎最終例会

木村剛出席委員長より、小川会長、村﨑幹事、山田エレクトの3人の皆勤者へプレゼント。
お三方お疲れ様でした!

そして次年度理事役員の顔ぶれです。皆一様にやる気に満ちています。

新旧会長幹事のバッジ交換です。

山田エレクト・赤城次期幹事がんばってください!

小川会長令夫人と村﨑幹事令夫人( 代役:小椋事務局) へ花束贈呈です。

さてここからは懇親会。湯田親睦委員長も今日で最後、お疲れ様でした!
福島ロータリークラブの加藤義朋様、いつもありがとうございます。
来年もよろしくお願いします!

第1591回(本年度46回)2018年6月19日(火)


▼会長挨拶 小川 洋正 会長
皆様、こんにちは。
本日は、会長挨拶に先立ちまして、昨日の朝に発生した大阪北部地震により命を亡くされた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます、とともに被災された方々にお見舞い申し上げます。一日も早く余震が鎮まり、平穏な日常生活に戻る事をお祈りします。

一昨日の6 月17 日日曜日午後3 時から、郡山市の郡山ビューホテル・アネックスにおいて、パストガバナー・佐原元氏の「RI超我の奉仕賞」受賞を祝う会が開催され、当クラブを代表して私が出席して参りました事を、会員の皆様にご報告いたします。この受賞を祝う会の発起人代表は、第2530 地区2017-18 年度ガバナー・鈴木邦典氏と喜多方RC・2017-18 年度会長・鈴木朝男氏が勤め、来賓並びに第2530 地区の地区委員・各クラブ会長・幹事等を合わせて136 名ほどが出席して、盛大に執り行われました。ちなみに「RI超我の奉仕賞」は、RIの中で最も栄誉のある賞で、全世界で約120 万人いる会員の中で受賞できるのは毎年わずか100 名ほど、日本での受賞者は毎年3 名~ 4名ほどだそうです。また、第2530 地区では16 年ぶり2 人目の受賞ということで、佐原元・パストガバナーの長年にわたる超我の奉仕活動と、それを内助の功で支えてきた和佳子夫人に改めて敬意を表したいと思います。

さて話は変わりますが、皆様ご存知の通り、先週の6 月14 日にはFIFAワールドカップサッカー・ロシア大会が開幕しました。本日19 日は、まさに日本にとって大事な初戦コロンビア戦を迎えるわけですが、先週のゲストスピーカーの浜田先生は、ひょっとしたら既にロシアに入っているかもしれません。私も浜田先生同様に中学・高校とサッカーをしておりましたので、ワールドカップ・サッカーを観戦するのが大好きです。16 日土曜は午前3 時前に起きて、一次リーグ屈指の好カード・スペイン・ポルトガル戦のTV 中継を観戦し、試合終了後はそのままゴルフの全米オープン2 日目を観戦してしまいました。

余談ですが、私が最初にワールドカップ・サッカーの試合をテレビで見たのは、今から40 年前の1978 年(昭和53 年)にアルゼンチンで行われた第11 回大会でした。現在では本大会に32 チームが出場し、32 チームが4チームずつ8 組に分かれて一次リーグを行い、各組上位2チーム計16 チームで決勝トーナメントを行う方式が定着しておりますが、40 年前の第11 回大会では、本大会に出場できたのは現在の半分の16 チームで、16 チームが4チームずつ4 組に分かれて一次リーグを行い、各組上位2チーム計8 チームが4チームずつ2 組に分かれて2 次リーグを行い、2 次リーグの各組1 位チーム同士で決勝戦を、2 位同士のチームで3 位決定戦をそれぞれ行なうという方式でした。

この1978 年の第11 回アルゼンチン大会では、メノッティ監督率いる地元アルゼンチンが初優勝を飾り、2 位がオランダ、3 位がブラジルという結果でした。この時アルゼンチン代表チームを牽引した選手はマラドーナではなくて、オールドファンには懐かしいマリオ・ケンペス、レオポルド・ルケといった選手達です。また、この大会では、ブラジルのジーコ、西ドイツのルンメニゲ、イタリアのパオロ・ロッシ、フランスのプラティニ、といった後の世界的スター選手がワールドカップ・デビューを果たした大会でもありました。ちなみに、マラドーナが活躍したのはこの大会から8 年後の1986 年の第13 回メキシコ大会でした。

話は横道に逸れてしまいましたが、今ロシア大会では下馬評を覆して日本代表が一次リーグを突破することを期待しております。会員の皆様には、是非日本代表を応援して下さるようお願い申し上げ、本日の会長挨拶とさせて頂きます。
それでは、皆様本日もよろしくお願い致します。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1. 2018-2019年度地区大会実行委員会より交通・エクスカーション委員会打ち合わせの案内(受)
2. 岡崎城南RCより創立30周年記念式典開催予定の案内(受)
3. 暴力追放会津若松市民会議より協賛金のお願い(受)

▼本日のプログラム
◎クラブ協議会 活動報告発表
◎次年度会長方針発表 山田エレクト

山田エレクトに次年度会長方針発表をしていただきました。

方針の頭文字を取ると「やまだ」。

ホワイトボードまで使っての小ネタですが、しかし皆さん覚えたのではないでしょうか!

第1590回(本年度45回)2018年6月12日(火)


▼会長挨拶 小川 洋正 会長
皆様、こんにちは。
それでは、本日のお客様をご紹介いたします。原子力損害賠償紛争解決センター・福島事務所長・弁護士・浜田愃(ひろし)様です。同じく原子力損害賠償紛争解決センター・福島事務所・会津支所長・斎藤正雄様です。お客様、いらっしゃいませ、本日はよろしくお願いします。また浜田様におかれましては、後ほどスピーチをよろしくお願いいたします。

さて本日は、会員の皆様に残念なお知らせがございます。先週の6 月5 日の例会終了後に臨時理事役員会が開催され、そこで鵜川俊一会員が6 月30 日をもって当クラブを退会する事が承認されました。鵜川会員は平成21年7月に入会し、9 年間在籍しましたが、今年の3 月に彼が経営するメンテナンス会津株式会社が、郡山市にありますコロナメンテナンス福島株式会社と合併統合し、鵜川会員がその代表取締役社長に就任しました関係で現在多忙を極めているようです。よって、今後も例会への出席が望めず、これ以上会員の皆様にご迷惑をかけたくないとの思いから退会を決断したようであります。本来ならば、本人が例会に出席して会員の皆様に御挨拶すべきところですが、退会届のみでお許し下さい、との事でした。鵜川会員は、私の同級生でもありスポンサーでもありますので、私自身寂しい思いをしておりますが、鵜川会員の会社が今後益々発展することを祈念し、また会員の皆様におかれましては機会があれば、鵜川会員の会社をご利用いただけますようお願い申し上げます。

そして会員増強の件ですが、今年度は3 名増えて3 名減るというプラスマイナスゼロの状態となっており、年度の初めに26 名から4名増やして30 名にして山田エレクトに引継ぐ、と私が掲げた目標の達成に赤信号が点灯しております。先週8 日の金曜日には、赤城会員増強委員長と一緒に小椋満さんの息子さんの会社を訪問し勧誘しましたが、色良い返事は頂けませんでした。勿論一回だけで懲りずに、今後も継続して満さんの息子さんをお誘いする所存ですが、先週の9 日土曜日の夜には喜多方で会津分区の新旧会長・幹事会が開催され、私の任期も残りあと3 週間を切ってきました。残り僅かな期間ですが、入会候補者を紹介して頂ければ、必ず時間を作って訪問するようにしますので、会員の皆様におかれましては、一人でも多くの入会候補者を紹介して下さいますようお願い申し上げ、本日の会長挨拶とさせて頂きます。
それでは、皆様本日もよろしくお願い致します。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナーエレクト事務所より前期地区委員会総会のお知らせ(受)事務担当者研修セミナーの案内(受)
2.会津若松西RCより6月の例会プログラム(受)
3.会津地区障害者雇用連絡協議会より総会の案内と負担金納入のお願い(受)

▼本日のプログラム
◎ゲストスピーチ
原子力損害賠償紛争解決センター
福島事務所長 弁護士   浜田  愃 様
会津支所長        斎藤 正雄 様

お客様は、原子力損害賠償紛争解決センター福島事務所長で弁護士の浜田愃様と、同じく会津支所長の斎藤正雄様です。いらっしゃいませ!

浜田様のスピーチです。わざわざ東日本大震災のあとに福島に志願して来られたという浜田様。

素晴らしい使命感と実行力に感動しました。職業奉仕とはこういう事なんだろうなと思います。有り難うございます!

浜田様、斎藤様、ぜひまたいらしてください。ありがとうございました!