第1604回(本年度12回)2018年10月2日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。10月に入りました。催しが多いこの時期、なにかと忙しく、床屋も行く暇もない状態になっています。お見苦しくて申し訳ございません。

床屋と言えば、私の好きなことわざがあります。イギリスのものだそうです。「幸せになる方法。一日幸せになりたければ、床屋に行きなさい。一週間幸せになりたければ、馬を買いなさい。一ヶ月幸せになりたければ、結婚しなさい。一年間幸せになりたければ、家を建てなさい。そして一生幸せになりたければ、正直者になりなさい」というものだったと思います。

昔のことわざなので今と比べてズレはあるでしょうが、最後の部分は不変の考え方ではないかと思います。正直者、人徳者になれば自然と幸せになれますよ、ということですね。ロータリアンにも多くの人徳者がいらっしゃいますが、日本の代表と言えばやはり米山梅吉氏ではないでしょうか。日本ロータリーの父であり、私財を投げうって奉仕に費やした人生は死後70 年以上経った今でも語り継がれています。特に青少年奉仕に熱心だったのは米山記念奨学会の存在からも分かります。米山梅吉氏のことは皆様私以上にご存知ですし、本日のお客様である加藤義朋様が非常に詳しいところですからこれ以上は述べませんが、米山梅吉氏は奉仕を陰で行ういわゆる「陰徳」を重んじる方だったと聞きます。表に立つのを嫌ったとか。

今、ロータリーはRI をはじめとして「公共イメージ」の向上を推奨しています。どんどん奉仕活動を広くアピールしていきましょうといった具合に。こちらはいわば、そんな言葉はないかもしれませんが「陽徳」と言えるでしょう。

「陰徳」「陽徳」どちらが良いか。いや、どちらも徳なのだからどちらも良いでしょう。ただ昔から日本人は控えめで謙虚なことを大事にしてきました。日本の風土としてはやはり「陰徳」に好感が持たれるのではないでしょうか。

このあたりは、私の職業である宣伝にまつわることでして、また改めて考えてスピーチでお話したいと思います。本日は佐藤会員のスピーチです。会津若松市のいろいろなことが聞けると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.直前ガバナー事務所より地区決算報告書(受)
2.会津分区ガバナー補佐事務所よりガバナー歓迎会の案内(受)
3.会津若松RC・喜多方RC・田島RC・会津若松南RC より10月の例会プログラム(受)

▼本日のプログラム
◎結婚・誕生祝い
◎会員スピーチ 佐藤 郁雄会員
◎戦略委員会

市議会議員の立場から、会津若松市の諸問題の一部分をわかりやすく解説していただきました。その現状と課題など、大変よくわかりました。やはり例会に来るとこのようなお話が聞けるからいいですね。

村﨑エレクトは、戦略委員会として発表。当クラブ会員にアンケートをお願いしました。これを基に、計画を立てる段取りです。着々と進んでいますね。
中期・長期の戦略をみんなで立てていきましょう。

第1603回(本年度11回)2018年9月25日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんばんは。さて、随分と涼しくなってきたようですが、先週末は会津まつりが熱く繰り広げられました。

今年も昨年に続き、ロータリークラブイメージアップのため、会津若松中央ロータリークラブが先頭になって行われている、会津磐梯山踊りへの参加事業がありました。私と赤城幹事、村﨑エレクトの3名が当クラブからは参加しました。他にも福島南、喜多方、喜多方中央のロータリアンや、会津大学の留学生などが多数参加し、約50 名でロータリーの名前を宣伝してきました。

当夜はかなりの人出で、盆踊りの輪が二重三重になりました。あんなに多くの踊り手を見たのは久し振りでした。私たちは体力の都合上、その輪から途中で抜けましたが、それでも充実感は非常に感じました。その後は懇親会をし、節度ある言動のもとに、なごやかに親睦を深めました。

今回はたまたまガバナーエレクト事務所の開設祝いと日にちが重なってしまいましたが、来年はより多くのロータリアンとともに踊れることを願っています。ぜひ皆様も次回ご参加よろしくお願いいたします。

さかのぼって先週水曜は、各クラブへのメイキャップ第1回目として会津若松ロータリークラブにうかがいました。こちらもメンバーは、私と赤城幹事、村﨑エレクトでした。

私は恥ずかしながら若松クラブは初めてメイキャップしたのですが、常陽銀行の一角で、大変ビシッと締まったイメージの例会でした。やはりクラブによって様々なところが違うのだなと改めて実感しました。その日は喜多方ロータリークラブのパスト会長、鈴木朝男様のゲストスピーチで、ロータリーの友にも載っていた、被爆樹木を会津に植樹したエピソードをお話されました。大変ためになり勇気づけられるお話でした。

ところでこの日は偶然にも、昼食が通常のお弁当ではありませんでした。会津若松ロータリークラブの会員にマクドナルドを運営している方がいらっしゃるとのことで、「マック例会」と言って1年に一回ハンバーガーを食べる日だったのです。ちょうどメイキャップがその日に当たるとは、非常に幸運で貴重な体験をしたと思います。

ところでこの会津を回るメイキャップは、以前お話したように他のクラブを見て当クラブの運営の参考にしようという狙いがありますが、今すでに私の年度が始まっているところで見るのは少し遅かったと思います。その点村﨑エレクトはきっと来年度のクラブ運営に役立ててくれることと思います。
では本日も夜の例会楽しみましょう。よろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より地区大会親善ゴルフ大会追加募集の案内(受)
2.会津若松RCより公式訪問に合わせた市長表敬訪問実施の提案(受)

▼本日のプログラム
夜の例会

第1602回(本年度10回)2018年9月18日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。
先週末も青少年奉仕委員会セミナーが開催され、渡部委員長が出席されました。お疲れ様でした。続いていたセミナーもようやくひと段落のようです。今日もセミナー報告がありますが、渡部委員長にもまた後日発表よろしくお願いします。

さて今日は、会津若松市社会福祉協議会が運営する「ボランティア学園」をご紹介します。同校は「人を慈しむ、リスペクト(尊重)する心を育むとともに、ボランティア活動への関心と実践に向けた環境づくり」という目的で今年開校されました。初等課程や専門課程があり、地域のボランティアを育てていくために様々な講座や実習に1年間取り組みます。受講生は老若男女100 名を超えており、近年のボランティアへの関心の高さがうかがえます。

なぜ私がそのボランティア学園を紹介するのかというと、今月5日に講師として招かれ、お話させていただいたからです。演題は「見やすい、分かりやすい催事チラシなどの作り方を学ぶ」といったもので、市内の広告制作会社である弊社にたまたまお話がきた、というわけです。ボランティアの方々もイベントや企画を告知したり、活動を報告したりするためにチラシなどを作る機会が多いようですね。約20 名の方々、40代から70 代まで幅2時間ほど企画書やチラシの作り方のさわりをお話しました。これも職業奉仕になったかと思います。

ところで先週もボランティアというキーワードが出てきましたが、ロータリーの奉仕とどう違うのか、少し気になって考えてみました。まずボランティアの語源を調べてみると、ラテン語で自由意志の意味の「ボランタス」や、フランス語で喜びの精神の意味の「ボランティ」、英語で志願兵・また自発的の意味の「ボランティア」が挙げられるようです。日本の定義としては、自由意思で自発的に行なう社会参加活動のこと、だそうです。

 自由意志で自発的に、という部分ではRC の奉仕の精神と似ていますが、私はボランティアの性質として2つの点がRC の奉仕と大きく違うと思いました。まず一つは、ボランティアが無償の活動であることに対し、ロータリーの奉仕は必ずしも無償ではなく、特に職業奉仕はまさに有償の奉仕です。またボランティアが肉体であれ頭脳であれ「労働」であることが多いのに対し、ロータリーの奉仕は寄付や協賛など必ずしも直接労働するとは限りません。

してみるとロータリーの奉仕というものは、ボランティア活動も内包する様々な活動であるということがわかります。もちろんだからボランティアが劣っているというわけではありません。あくまで一つの形というだけで、極めればロータリーの奉仕の精神をも超えることができると思います。ただ今回、ロータリーの奉仕が広く大きな可能性を秘めていることに、改めてまた気付いた気がします。
では本日もよろしくお願いいたします。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー事務所より米山記念奨学生による体験発表会の案内
 北海道胆振東部地震への義援金送付について(受)
 地区大会RI 会長代理決定のお知らせ(受)

▼本日のプログラム
○戦略委員会発表 村﨑委員長
○セミナー報告 佐藤郁雄副委員長

本日のお客様は、2018-2019 年度地区大会の実行委員長である、佐瀬正行様です。同じく実行幹事の志藤弘彰様です。

ようこそいらっしゃいませ!

佐瀬実行委員長にご挨拶を頂戴しました。一緒に地区大会はがんばりましょう!

今年度新設された戦略委員会の村﨑委員長より、練りに練った案をご提示いただきました。まずはアンケートを作成し、回答してもらうようになりました。今後もよろしくお願いします!

続いて社会奉仕セミナー報告。佐藤郁雄副委員長がしっかりと要点をとらえた発表をしてくださいました。
さすがです。

第1601回(本年度9回)2018年9月11日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。
今日は9 月11 日、アメリカ同時多発テロ事件が起きた日です。17 年も経ちますが、あの時テレビでたまたまニュースを見ていて、衝撃を受けたことを覚えています。日本ではそのようなテロは少ないものの、最近特に災害が多いように思います。6日未明には、北海道地震が起きました。この地震は北海道観測史上最大の震度7で、非常に多くの被害が出ました。直前の日本列島を襲った台風21 号に続きこのような災害が起きてしまい、とても痛ましい限りです。被害者のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一刻も早い復旧をお祈りします。

そして、北海道地震では日本初の大規模停電、ブラックアウトがなんと道内全域で起こり、約300万戸の電気が一時ストップしました。注目すべきは停電時の被災者の行動です。

この時は真っ暗で、当然セキュリティも大幅に甘くなりますし、パニックからの暴動や、店舗への略奪もあっておかしくありません。しかしそんなニュースも一切聞かれず、むしろみんなで協力して店にもきちんと行列を作っていたり、またお店も予備電源で営業を続けたりと、みな普段と変わらない行動をとったそうです。これは東日本大震災の時なども海外で言われていましたが、非常時にこんな整然とした紳士的行動をとるのは日本人くらいだということで、同じ日本人として誇らしい限りです。このようなことが出来る人は、どんな絶望的な闇の中にあっても、思いやりや希望という心の中の灯があるのだと思います。見習いたいものです。

一旦話は変わりますが、日本人として誇らしいと言えば、スポーツ界では嬉しい出来事もありました。テニスで大坂なおみ選手が全米オープン決勝を勝利し、日本選手で初めて4 大大会で優勝したことです。また野球でもエンゼルスの大谷翔平選手がメジャーリーグ日本人選手の新人ホームラン新記録を打ち立てました。特に大阪選手のお母様は北海道根室市の出身ということで、先ほどお話した大地震の被災者の方々を、とても勇気づけてくれたのではないでしょうか。

災害の話に戻りますが、我々ロータリアンの多くの仲間は、奉仕の精神を持って、災害時に様々な支援をしています。ボランティアとして現地に赴いたり、支援品や義援金を送ったり、また大坂選手の例のように精神的な支援をしたりすることもあるでしょう。

ただ私はクラブの会長として、災害がある度に支援をしましょうとは強制しません。それは災害を軽んじているわけではなく、身の回りの様々な問題のほうを優先しても、国際的な課題に目を向けても、ロータリアン個々の自由だからです。大事なのは、誰かに言われてではなく、自分から奉仕しようとする精神だと思います。まずは、自分のできるところから始めることだと思います。

かく言う私も、まだ自分がロータリアンとして、会長として、まだ何をして良いのか分からずに歯がゆい思いでいます。今は、奉仕の精神とは何かを考えて、そこに向かっていこうと思います。頼りない会長ですが、皆様の引き続きのご協力をどうかよろしくお願いします。
それでは、本日もよろしくお願い致します。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー補佐事務所より会員増強・拡大・ロータリー情報委員クラブほうもんについてのお願い(受)
2.会津ユネスコ協会より第38 回会津ユネスコ幼児画展開催に関するお願い(受)
3.会津若松地区薬物乱用防止指導員協議会より「ダメ。ゼッタイ。」ご協力の御礼(受)
4.会津若松RCより週報(受)

▼本日のプログラム
○セミナー報告 山口 隆義委員長
○セミナー報告 岡本 恭宜委員長

まずは会員増強セミナーについて、山口隆委員長よりお聞きしました。
入会してさほど期間が経っていない山口委員長ですが、堂々とわかりやすい発表でした。

続いて国際奉仕セミナーについて、岡本委員長よりお聞きしました。
丁寧に、ご自分の知識も織り交ぜながらのお話、とても参考になりました。
お二人ともありがとうございました、お疲れ様でした!

第1600回(本年度8回)2018年9月4日(火)


▼会長挨拶 山田 哲史 会長
皆様こんにちは。毎週ロータリーのセミナーが続いています。
先週末土日も、土曜に公共イメージチーム・IT チーム合同セミナーが開かれました。日曜には社会奉仕・国際奉仕・青少年交換各委員会から成る奉仕プロジェクトグループと、学友・平和フェローシップ合同セミナーが行われ、各委員長副委員長の皆さんに参加していただきました。私も、どちらも参加して参りました。

休日の貴重な時間を費やすのだから「聞いて良かった」と思えるものであってほしいものです。また、出席された方に内容を例会で発表していただきますが、より多くの方に聞いてもらい、ロータリーの今を知って、今年度の奉仕活動に役立てて欲しいと思います。ですので、今月は今日も含めセミナー報告が多いですが、ぜひ例会出席をお願い致します。

さて話は変わりますが、猛暑もようやくひと段落し、9月になりました。今月9月は、会津にとって特別な月だと言われています。会津まつりがあるから、というのも間違いではありません。藩公行列には今年も綾瀬はるかさんが来てくれて、非常に嬉しいです。こんなに何度も来てくれているのに少し話す機会をもらえないものかなとか、今月末の当クラブの夜の例会にゲストで来てもらえないかなとか思ったりもします。あとで赤城幹事にダメもとで交渉を頼もうと思います。

話が大きく逸れましたが、9月がなぜ特別かというと、会津が降伏した月だからです。150 年前の9 月22 日、約一ヶ月間の籠城の末、会津は新政府軍に降伏しました。それを受けて会津まつりも同時期に行うようになったのだと言われています。もっとも9月というのは旧暦で、現行の新暦に直すと11 月6 日だそうですが。

今年は、その戊辰戦争から150 周年ということで、各地で様々な企画が行われています。我がクラブでも何かこの機会にやるべきだという声もありましたが、今のところ私には良い考えが浮かびません。しかし、この会津の稀有な歴史と先達の雄姿を忘れないためにも、何か少しでも戊辰にちなんだことをやりたい気持ちは私にもあります。ぜひ皆様もこの特別な9月を機会にアイディアを出していただければ有り難いです。

ちなみに、ロータリーの公共イメージアップのためにと、第2530 地区の有志が今年も会津まつりの盆踊りに参加します。わがクラブからは私と赤城幹事、村﨑エレクトの三人が名乗りを上げました。最後まで怪我無く踊れるよう、またその後に街に出てからもロータリーの品位を落とさぬように、精一杯頑張って参ります。
それでは、本日もよろしくお願い致します。

▼幹事報告 赤城 明広 幹事
1.ガバナー補佐事務所より分区分担金納入のお願い(受)
 DLについてのお知らせ(受)
2.喜多方RC・会津若松西RC・田島RC・会津若松中央RCより9月の例会プログラム(受)
3.会津若松中央RC より短歌会の時の週報(受)

▼本日のプログラム
◎結婚・誕生祝い
◎会議報告 小池クラブ研修リーダー
◎セミナー報告 野澤米山委員長

9月のお祝いです。

皆様おめでとうございます!

クラブ研修リーダー会議報告を、小池ロータリー情報委員長より。クラブ研修リーダーは今年度からの新設とのことですが、小池委員長のご報告を聞いてその意義がよくわかりました。

米山記念奨学会委員会のセミナー報告を、野澤委員長より。おなじみの委員会ですが、その存在価値の大きさを改めて思わされました。また課題もあり、今後解決していくよう努めましょう。
お二人とも、ありがとうございました、お疲れ様でした!