第1653回(本年度15回)2019年10月27日(日)

今週は地区大会です!

2530地区のロータリアンの多くが一同に会するのは壮観です。

我がクラブの精鋭が出席しました。

数々の表彰や講話、会議などが開かれた今年も、とても素晴らしい大会になりました!

第1652回(本年度14回)2019年10月15日(火)

▼会長挨拶 村﨑 雅彦 会長
皆様こんにちは、本日のお客様をご紹介させて頂きます。国際ロ-タリ-第2530地区会津分区 ガバナ-補佐 齋藤 純一 様同じく 会津分区 幹事 佐藤 榮朗 様本日はお忙しい所、ご出席いただき誠にありがとうございます。齋藤ガバナ-補佐様におきましては、例会にてスピ-チを頂く予定でございます。宜しくお願い致します。

12 日から13 日にかけて台風19 号が本県を直撃し甚大な被害をもたらしました。全国では、長野県の千曲川(ちくまがわ)など二十一河川の二十四ヵ所で堤防が決壊し、住宅地などをのみ込む大規模な洪水被害等が各地で発生いたしました。私は、11日夜に東京足立区の娘の所に行ってきました。近くに荒川というの大きな河川敷があり、台風が来ると決壊するかもしれないとの話を聞き、急遽息子の練馬区へ避難しました。私の実家の高知県は毎年、台風銀座ともいわれるほど、必ず台風が来ており、夏の風物詩みたいな感じでした。今回の台風19 号については、私がいつも感じる台風と違い、身の危険を感じる台風・ものすごい台風でした。近年における災害等は今年も多くあり、50 年に一度・100 年に一度の災害と多くのメディアにてその言葉を多く耳にします。記憶に新しいのが、先月の千葉県に甚大な被害をもたらした台風15 号であり、当時の最大瞬間風速57.5 メ-トルという命に係わるような事が身近で起こりつつあります。

12日から13日にかけて、ス-パ-・コンビニなど各お店・公共機関が計画的に休みとなり、食料・日用品などが品切れとなり、自給自足の原点を改めて考えさせられました。又、福島県内による被害も次第に放送され、私の友人は本宮に自宅があり、連絡した所、自宅の二階まで浸水し、最後はゴムボ-トで避難したとの事でした。我々ロ-タリ-クラブでも、こうした災害に対し少しでも手助けができるクラブづくりが必要であると思いますし、まずは第2530 地区から発信が出来ていければと感じます。改めて災害に遭われた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、お見舞い申し上げます。
又うれしい出来事もありました。台風の影響で中止かと思われました、ラグビ-ワールドカップ杯が13 日に開催され、強豪スコットランドと対戦し桜の戦士が見事、日本初8強となる快挙を遂げ、歓喜に湧いた試合でした。
本日は急遽、震災の影響で欠席の会員の方もいらっしゃいますが、明日に向かって頑張って進んでいきましょう。それでは本日も宜しくお願い致します。ありがとうございました。

▼幹事報告 鈴木 康介 幹事
1.ガバナー事務所より補助金管理セミナー開催のお知らせ(受)米山記念奨学生による体験発表会のご案内(受)日台ロータリー親善会議の案内(受)
2.会津若松南RCより年次計画書(受)

▼本日のプログラム
ガバナー補佐訪問

本日のお客様は会津分区ガバナー補佐 齋藤純一様と、分区幹事佐藤榮朗様です。

齋藤ガバナー補佐より、スピーチをいただきました。ありがとうございました。

第1651回(本年度13回)2019年10月8日(火)

▼会長挨拶 村﨑 雅彦 会長
皆様こんにちは、本日はロ-タリ-月間についてお話させて頂きます。
国際ロータリーには皆さんもご存知のようにロータリー特別月間があります。クラブだけでなく、ロータリアン一人ひとりが、ロータリーの活動に参加するよう強調するため、国際ロータリー理事会が指定した月間のことです。

10 月は経済と地域社会の発展月間です。どんなことかといえば、『貧困地域の経済発展を目的とした起業家、地域社会のリーダー、地元団体を含む地域ネットワークの向上、雇用創出、支援が行き届いていない地域社会での貧困の削減、経済と地域社会の発展に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間』です。

資料を見ていましたら、今年の8月に警備業会津支部研修会にて研修した内容に近い記事が載っていましたのでご紹介させて頂きます。
安心安全な街づくり ~スマホを活用した徘徊高齢者の捜索
投稿日: 12 月 21, 2017
寄稿者:浜本博志(大津中央ロータリークラブ)
「全国で1万5千人を突破」この数字を聞いて何の人数だと思われましたか?これは2016 年に認知症等による原因で行方不明になった人の全国総数であります。警察庁が、認知症が原因と思われる行方不明者の統計を開始した2012 年から、毎年その人数は増え続けており(2012 年は9,607 人、2016 年は15,432 人)、この5 年間で1.6 倍に達しました。世界的に見ても稀有である「高齢化社会:日本」を象徴しているともいえます。

浜本さんの暮らす滋賀県でも、昨年こんな事がありました。軽度の認知症だった高齢男性が、行き慣れた診療施設に行くといって、自転車で出掛けたまま行方が分からなくなり、ご家族や関係者の方々は、色々な手を尽くして探しました。SNS などでも呼びかけ、警察や公的機関なども捜索しましたが最終的には、15km も離れた場所で亡くなられた後に見つかるという悲しい結果となったそうです。ご家族は、この方が「ご自宅を出て右に行ったか、左に行ったかもわからず、探すための手掛かりが何もなくて途方に暮れた」と言っておられ、高齢者が街なかを自転車で走っていても、誰も気にも留めないし、近所の人ですら「顔を知らない」といったことも日常的になっており、地域コミュニティーも希薄になりつつある現状であり。そんなこともあって、浜本さんが所属する大津中央ロータリークラブでは、昨年から『安心安全な街づくり』の取り組みを始め2016 年は、認知症等の徘徊高齢者に対象を絞って『徘徊高齢者の捜索実証実験』を実施。これは、ビーコンという発信機と、これを検知するためのアプリをインストールした市民のスマホを活用して、行方不明者を探し出すというシステムの実験で、実証実験には、地元自治体や警察機関などからも参加し、その有効性を実感できる成果をあげました。参加者からは「このようなシステムが広く世間に認知されれば、本当に安心な街になりそうだと実感した」という記事が載っていました。

私が支部研修で兵庫県加古川市にて視察したのもまさにビ-コン・タグを利用した民間事業でありました。この地域は犯罪情勢が不安な地域で 過去に殺人事件等があったと聞いており、地域の子供たちをどういった風に守っていけるか、行政・警備会社・地域の方々が一体となり、約1,500 台の検知機能付き見守りカメラを設置して運営をしており、登録・設定をしておくと何時・どういうル-トを行ったかが分かり・現在どの辺にいるかまで検知できるシステムです。偶然にも話の中で会津若松市でも協議しているそうで数年後には我々も利用できる日が来るかもしれません。

又本日の例会内容については、創立35 周年記念例会の第1 回実行委員会が行われます。皆様方と協議し素晴らしい記念例会が開催できることを御記念し簡単ではございますが、会長の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

▼幹事報告 鈴木 康介 幹事
1.ガバナー事務所より地区大会「青少年奉仕活動発表」及び「青少年会議」のお知らせ(受)
2.会津若松西RC・会津若松南RCより10月の例会プログラム(受)
3.会津若松RC より週報(受)
4.暴力追放会津若松市民会議より暴力追放会津若松市民会議への参加依頼(受)

▼本日のプログラム
◎創立35 周年実行委員会

本日は、我がクラブが創立35 周年を迎えるため、5 月に行われる式典に向けて実行委員会を発足します。

実行委員長の木村武美会員より今後の意気込みなどを聞きました。

実行委員幹事の岡本会員からはこれからの実行委員開催などについて話していただきました。

城南ロータリークラブ創立35 周年は私たちにとって大きな節目となります。
来たる35 周年に向けてみんなで力を合わせて頑張っていきましょう!

第1650回(本年度12回)2019年10月1日(火)


▼会長挨拶 村﨑 雅彦 会長
皆様こんにちは、本日は私たち城南ロ-タリ-クラブの産みの親であり、スポンサ-クラブであられます会津若松南ロ-タリ-クラブ様より13名という大勢の皆様にお越しいただきました。本日のお客様のご紹介をさせていただきます。
会津若松南ロ-タリ-クラブ 会長 佐藤  浩司 様
 同じく      幹事 岡田 友子 様
 同じく パストガバナ- 中澤  剛 様
 同じく        相原 清司 様
 同じく        福島 啓嗣 様
 同じく        保志 正之 様
 同じく        池田 俊一 様
 同じく        石村 善一 様
 同じく        三富 邦基 様
 同じく        真鍋 貴範 様
 同じく        沼木 健治 様
 同じく        角田 光明 様
 そして最後に事務局  斎藤 ケイ子様

本日は、MU(メ-クアップ)誠にありがとうございます。この後、佐長会長様にご挨拶を頂く予定でございます。宜しくお願い致します。

さて、先月の26日には井関会長の職場でもあります。西会津ロ-タスインにて中央RCの皆さんと合同BBQ大会を開催いたしました。当クラブから11名 中央RCさんからは15名 計26名参加し、井関会長に送迎バスを準備、さらに運転もして頂き、道中和気あいあいと有意義な時間を過ごさせて頂きました。会場につくと食べきれないほどのお肉・野菜・焼きそばなど、そして生ビ-ル・焼酎・日本酒など、大自然の中大いに盛り上り、大変美味しく頂きました。毎回事件を起こすというかいつも場を和ませていただいており自分勝手に少し期待をしておりました、赤城エレクト劇場は何故か今回に限りアイテムを持ってこなかった、ということで不発に終わってしまいました。

今回は夜に実施しましたので少し肌寒かったですが、次回は赤城エレクトが早速昼間やりたいと言ってましたので。参加できなかった皆様には次年度に期待して頂ければと思います。
又29日は当クラブ名誉会員であられます、大竹孝雄さんのお別れの会に参列いたしました。多くのロ-タリアンが参列され、斎(とき)つかいには喪主様の御意向もあり当クラブからは、歴代会長・OBの会員皆様を優先的にお声がけし9名の参列でありました。ロータリ-の礎を作られた功績に感謝し、改めてご冥福をお祈り申し上げます。

10月1日からは、消費税率が変更となり、消費税が10%となり様々な環境変化の月となります。皆さんにもご案内しておりますが、10月のプログラムが大幅に変更となりました。2 週目のミニ旅行については参加者が少ない為急遽第1回実行委員会を開催いたします。事前に木村実行委員長・岡本実行委員会幹事と打ち合わせをし、案内をさせていただきましたので確認の程宜しくお願い致します。

10/20 には第1回会長杯ゴルフコンペが予定されております。今回初参加の山田直前会長にも参加いただき新新ペリアにて競技することにいたしました。まだ4名の枠があいていますので、是非参加いただければと思います。BBQ大会にゲストとして参加頂いた、滝澤さんにも今後例会に来て頂く予定でございますので、皆様のお力添えを宜しくお願い致します。そして森会員より本日、会員スピ-チを頂く予定であります。森さん宜しくお願い致します。
以上簡単ではございますが会長の挨拶とさせていただきます。今月も楽しい例会にしていきましょう。ありがとうございました。

▼幹事報告 鈴木 康介 幹事
1.地区公共イメージ・IT委員会よりクリアファイル注文受付についての案内(受)
2.会津若松RC・喜多方RC・田島RC・会津坂下RC・会津若松中央RCより10月の例会プログラム(受)
3.特定非営利法人 寺子屋方丈舎よりこども食堂運営寄付のお願い(受)

▼本日のプログラム
◎会員スピーチ 森 大輔会員

本日は会津若松南ロータリークラブとの例会です。13名もの方がメーキャップに来てくださいました。

例会もこんなに沢山人がいると壮観です!

森大輔 新会員による会員スピーチです。森会員の生い立ちや現在の仕事の話等を聞くことができ、なんだか親近感が湧きました。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

加藤先生には米山のことについてスピーチして頂きました。先生、本日はありがとうございました!

第1649回(本年度11回)2019年9月26日(木)

本日、夜の例会は会津若松中央ロータリークラブと合同で西会津町のロータスインさんでBBQ 大会です!

そしてゲストには滝澤木材㈲の代表取締役社長 滝澤俊文様にお越しいただきました。
ようこそいらっしゃいませ!今日は楽しみましょう!

夜のBBQ も楽しいですね!お肉も野菜も美味しいです!
会員同士親交を深めながら、だいぶ涼しくなった秋の夜を満喫できました。

中締めは西会津町出身の赤城エレクト。ばっちり締まりました!
今日はとても楽しい例会でした!ありがとうございました!